私が、男性の看護師さんが働いているのを見たのは一件の総合病院だけです。父が入院していたのですが、その病院では毎日担当看護師が変わるのですが、その中の一人が男性看護師でした。初めて見たので珍しいなと感じましたが、なかなか新鮮な思いもありました。病院には、もちろん男性スタッフはたくさんいます。リハビリやレントゲン技師、医師など男性はたくさんいるわけですが、看護師で男性は少し驚きました。しかし、だんだんと男性が看護師として働くことが確立されつつあるようです。しかしながら、実際のところでは、女性社会の中で肩身の狭い思いがあったり、出世しづらいなどのことが多々あるようです。男女平等、と言われていますが、女性社会の中に男性が入るのもとても難しいものがあるのだと感じました。日本では昔は女性が働くなんてもってのほかと言われていました。女性が社会進出することに大きな壁がありました。男女平等と言われている今でも、会社によっては男性よりも女性には出世のチャンスが少なかったり、お茶を汲んだりすることが女性の仕事であることが多いと思います。主に、不平等だ、と声を上げるのは女性の方です。しかし、女性社会になってしまえば、実際には逆のことが起こっているのです。なんだか、とても不思議な気持ちになりました。もっと、看護という仕事の大切さをこれからの子どもたち、(男の子)にいかにうまく伝えていくか、そして女性の仕事ではないという概念を植え付けなくては男性看護師の数は思ったほどに増えないのではないかと思います。それに、看護学校で募集している男性の生徒数はほんの一握りでもあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です