高齢化とともに、患者数が増えるのに看護する側の看護師の数が足りていないという深刻な状態となっています。海外からの派遣で看護師を雇い入れる政策が実行されるまでになりした。看護師の不足した、いわば減少した理由はいったいどこにあるのでしょうか。幼いころに、看護師を夢見る人は少なくはないと思います。看護専門学校は減少の傾向にありますが、大学では看護学科を設置する傾向にあります。友人の子供が現在看護学生です。来年の四月には卒業で、看護師資格を取得できれば晴れて看護師として働くのです。すでに、就職先も決まっているようです。しかし、一年もたたないうちに半数以上の新人看護師が退職してしまうのが現実なのだそうです。一年未満で退職してしまう理由は、イメージと違っていたり、人間関係がうまくいかなかったり、といったことが原因でしょう。しかし、そういったことはクリアしていても、結婚して子育てとなると仕事を続けるかどうか、一度は悩むと思います。大きな病院では夜勤は避けて通れません。病棟看護師でないならここはクリアできますが、ずっと同じフロアで勤務できるわけでもありません。子育て、が要因で退職する人もいます。この子育てに関しては、フレックスタイム制を導入して、子育て中のママも働きやすいシステムを導入している病院があるようです。システムを導入してる病院の看護師さんの定着率は各段に上がっているようで、退職の原因が子育てや、結婚して家事を担う主婦業にあったことがはっきりとわかります。このように、現在では女性の働き方が見直されつつあります。女性が子育てをしながらも働ける環境を整える企業が増えているのです。これからの女性の働き方は、ますます多岐に渡るでしょう。参考にですが、こちらにも同様の記事が掲載されていますので読まれてみてください。⇒http://xn--u9ja042upiaw9to7ih9l2xg02shw5b.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>